電話連絡なしのキャッシングなら勤務先にバレないのでおすすめ

基本的にキャッシングに申し込みをするとどこの貸金業者でも審査が行われます。
その審査の一環で「申し込みをした人が本当に勤務先に在籍しているか」を確認するために貸金業者は電話で勤務先に確認を行います。
どこの貸金業者でも本人確認は行われるため、避けて通ることはできません。本人確認なしでは利用はできません。
しかし「普段自分宛ての電話はないから電話をされるとバレてしまうのでは」という心配から本人確認をしてほしくない人もいると思います。
法律で第3者に貸金業者に申し込みをしたことをバラしてはいけないと規定されているため、基本的に貸金業者は本人確認で最初は必ず担当者の名前で電話をしてきますのでバレる心配はほとんどありません。
それでもやはり電話をしてほしくない場合、本人確認なしは出来ませんが、実は一部の消費者金融では電話連絡なしにするための手段がいくつか用意されているようです。
例えば本来ならキャッシングに申し込みをした時に提出する書類は身分証明書だけでよい所を、数か月分の給与明細など収入が証明できる書類をいくつか提出する方法があります。
また貸金業者が指定する銀行口座を保有していたり、数万円程度の少額の融資であれば最初から電話での確認連絡なしの所もあるようで、このような所を利用すれば勤務先にバレないでしょう。
ただし会社への確認連絡なしにするためには申し込みの時に必ず「会社への電話連絡なし」ということを伝えなければなりません。本人確認なしでは利用は不可能ですので、電話以外で本人確認を希望することをしっかり伝えましょう。
また会社への電話連絡なしにすると審査に時間がかかる可能性もありますので、急いでお金が必要な人は事前に確認して他の手段も検討しなければなりません。
貸金業者毎に本人確認の詳細や、電話での確認の代替手段があるかどうかをインターネットで一覧にしたサイトがありますので気になる人は一度調べてみてください。