キャッシングを契約する際職場にバレない会社について

急な出費や、大きな買い物をする時に便利なキャッシング。以前はキャッシングといえば消費者金融のイメージが強かったですが、今では、銀行や信販会社等、消費者金融以外でもいろいろな商品を取り扱っており、専用のカードを使えば、コンビニATMなどのも利用出来、与信枠内で自由に使用出来ますし、非常に便利です。キャッシング専用カードを持っておけば、急な出費に備える事もできますし、銀行では、ローンカードを契約する事でキャッシュカードも含めATM手数料無料やローン金利が下がったりと色々と特典を受ける事も出来ます。
ローン専用カードに限らず、住宅ローンや自動車ローンなどもそうですが、金融契約には本人確認が必要となります。本人確認とは仮審査の後、職場に電話し、在籍を確認する事です。仮審査で記載された内容に虚偽が無いかを確認する為です。勤務先が虚偽であった場合は仮審査が可決であった場合でも、否決となってしまいます。本人確認で職場にキャッシングがバレないか心配といった声が良く聞かれます。基本的には、職場に電話をする際は会社名か個人名かどちらかで電話する様指定できますので、バレる事は少ないです。ただし、普段電話があまりかかってこない職に就かれている方の場合、個人名の電話であっても怪しまれる可能性がありますので、電話連絡なしを望まれる方は多いのです。前述の通り本人確認は金融契約の基本ですので大体の場合は在るのが普通です。本人確認なしでは通りません。ただし、中には職場への電話連絡なしで契約できるカードローンはあります。銀行系の契約の場合、職場への電話連絡なしで契約する事は難しいようです。主に職場への電話連絡なしでキャッシング契約ができるのは消費者金融会社となります。本人確認なしは不可能ですが、書類等で審査を進めてくれるのは消費者金融会社すべてではなく、一部の会社のみであり、契約前にホームページや、電話をする等して確認する必要があります。