電話での確認なしでノーローンでキャッシングする方法

本人確認というものは、どの貸金業者も必ず行ってきます。まず最初の本人確認は、申込書の記入欄にある名前の本人が申し込んだことを確認することになります。そのあとで、多くの方が嫌う勤め先への在籍確認を行います。本人確認なしの審査を希望する人の多くは、この在籍確認を望んでおります。

なぜ電話で在籍確認を行わない貸金業者を選びたがる人が多いのかというと、職場にキャッシングの申し込みをした事実がバレる可能性があるからです。貸金業者も個人名で電話を掛けますが、この方法があまりよくありません。会社に個人名で掛けてくるケースというのは、そんなに多いことではなく、またそのようなケースは借金の申し込みであると認知されていることから、バレるという噂が広まっています。

貸金業者の方も会社名の偽名を使って電話を掛ければ良いのですが、それは違法であり倫理観に欠ける行為になりますので、個人名で電話を掛けることになります。キャッシングでローンを利用したいけれど、在籍確認があるから嫌だという人も多いです。しかし本人確認なしでは出来ませんが、電話で在籍確認を行わない別の方法で、在籍確認を行う方法もあります。

それは給与明細や納税証明書の提出をする方法になります。基本貸金業者は在籍確認は電話で行いますので、自ら職場に電話をしてほしくないので、書類で行ってほしいことを伝えるようにしましょう。消費者金融でキャッシングするたびに毎回1週間無利息期間があるお得なノーローンもそのような申し込み者の事情を踏まえて、書類で在籍確認を行ってくれる可能性があります。当然こちらの方から申し出る必要がありますので、相談してみてください。