電話確認なしで個人事業主は借入れできるのか

個人事業主が借入れできるサービスは

お金を借入れる場合には、返済できるだけの見込みがあることを条件に行なわれるもので、これは消費者金融や銀行でも同様です。このためサラリーマンなどの給与所得者であれば将来の収入も安定しているので、比較的利用しやすい傾向にありますが、個人事業主となると借入れのハードルも高くなります。
個人事業主が借入れを行うさいにポイントとなるのが事業が上手くいっており収入があるかどうかです。しっかりとした収入があれば利用することができますが、一方で事業をはじめて間もなかったり、また収入が不安定な場合には消費者金融で個人的に借りるといった場合のハードルが高くなります。この場合には事業者金融を利用する方が有利なケースがあります。

電話確認なしで利用できるのは

消費者金融にしても銀行にしてもネックになるのが電話確認です。電話確認では本人であるかどうかや勤務先
電話確認をするといったことがあります。特に勤務先への電話連絡は職業によっては難しくなりますし、勤務先に連絡されると困るケースもあります。このため近年は電話確認なしで利用できる消費者金融も登場しています。この場合の電話確認なしでは、組合健保に加入していることや業者が指定する銀行の口座を保有しているなどのハードルがあります。
一方で個人事業主の場合には、これらを満たすことが難しく電話確認なしで利用することが困難です。また事業の収入証明などを提出する必要もあり、電話確認なしというのは難しいといえます。