パートは職場確認なしで消費者金融を利用なのか

通常、電話での連絡があります

消費者金融から融資を受ける場合に、職場に連絡があるということを聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。これは、在籍確認とも呼ばれているものです。申込の際に自分の勤めている会社名、連絡先を記入することになりますが、審査の際には申込の際に記入した職場で働いているのかが確認されます。これが職場確認もしくは在籍確認と呼ばれるものであり、通常は電話で行われます。電話連絡と言っても、消費者金融名が出ることはなく、担当者の個人名での連絡となりますので、職場の人にバレてしまうということはほとんど無いと言えるでしょう。しかし、パートなどで働いている場合にはこの電話連絡があると困るという人もいるのではないでしょうか。

消費者金融に確認をしよう

実は、電話での職場確認なしで利用することが出来るところもあります。大手消費者金融の中には、電話での職場確認なしで在籍確認を行っているところがあります。電話での職場確認なしを希望した場合には、給与明細や社員証のコピーなどの書類で職場確認が行われます。また、Web上で全ての手続きを終えることが出来るところもあります。これは、一般的にあるキャッシングカードの発行や各種郵便物もありませんので、他の人に知られること無く、消費者金融を利用することが出来ます。申込時の情報に不備がなかった場合には、申込者に連絡があるということもありませんので、気軽に利用することが出来ると言うことが出来ます。

アルバイトが在籍確認なしでカードローンを利用することは出来る?

基本的に在籍確認なしではカードローンを利用できない

残念ながら在籍確認は審査においてもかなり重要なステップですから、原則としてカードローンを利用する際に在籍確認なしで行うということはできません。
通常の会社員などですと健康保険証を提示することで在籍確認の代わりにできることもあるのですが、アルバイトですとそうした会社の健康保険には加入していないことも多いですから保険証での代替も出来ないことが多いでしょう。
アルバイトだからという理由だけで契約が断られるということは早々ありませんが、会社員や公務員と比べると信用が少々かけていると言わざるを得ませんから在籍確認なしで利用するというのはかなり困難です。
ですから基本的には在籍確認は行われるものだとして考えておく方が良いでしょう。

在籍確認をパスする方法

ですが在籍確認が絶対にされるのかというとそうではなく、一応例外として在籍確認をパスする方法もあります。
それが他社で在籍確認を受けるという方法です。
例えばほんの数ヶ月前にクレジットカードの審査を受けていて、そこで在籍確認が行われていて問題なく許可が出ていたということであれば、カードローン会社によってはその情報で在籍の確認が出来るとしている場合もあります。
そのため「カードローン会社の在籍確認は受けたくないがクレジットカードなら大丈夫」という人であればこの方法で代替できることもあります。
ただこういった情報があると言っても判断はそれぞれの業者で異なりますから、絶対に利用できるものでもないということはあらかじめ知っておきましょう。

電話確認なしで個人事業主は借入れできるのか

個人事業主が借入れできるサービスは

お金を借入れる場合には、返済できるだけの見込みがあることを条件に行なわれるもので、これは消費者金融や銀行でも同様です。このためサラリーマンなどの給与所得者であれば将来の収入も安定しているので、比較的利用しやすい傾向にありますが、個人事業主となると借入れのハードルも高くなります。
個人事業主が借入れを行うさいにポイントとなるのが事業が上手くいっており収入があるかどうかです。しっかりとした収入があれば利用することができますが、一方で事業をはじめて間もなかったり、また収入が不安定な場合には消費者金融で個人的に借りるといった場合のハードルが高くなります。この場合には事業者金融を利用する方が有利なケースがあります。

電話確認なしで利用できるのは

消費者金融にしても銀行にしてもネックになるのが電話確認です。電話確認では本人であるかどうかや勤務先
電話確認をするといったことがあります。特に勤務先への電話連絡は職業によっては難しくなりますし、勤務先に連絡されると困るケースもあります。このため近年は電話確認なしで利用できる消費者金融も登場しています。この場合の電話確認なしでは、組合健保に加入していることや業者が指定する銀行の口座を保有しているなどのハードルがあります。
一方で個人事業主の場合には、これらを満たすことが難しく電話確認なしで利用することが困難です。また事業の収入証明などを提出する必要もあり、電話確認なしというのは難しいといえます。

モビットでキャッシングする場合は職場への電話確認なしでできる

消費者金融のモビットは、インターネットで契約することで、職場への電話確認なしで契約を進めることができます。インターネットで申し込みをした場合、すべてをインターネットで終わらせることができますので、職場に確認の電話なしで審査を実行させることが可能です。この場合、収入証明証が必要になり直近の給与明細や納税証明証の提出を求められることが多いです。

こうすることですべてインターネット上で終わらせることができますので、煩わしい職場への電話確認なしで審査を受けることができるでしょう。またこのインターネット完結申し込みは、契約書類も郵送されず、キャッシングも返済もすべてインターネット上でできます。カードも発行されませんので、インターネットに強い方であればおすすめなローンになるでしょう。しかしネット上になりますので、セキュリティーソフトの導入をしっかり行うほうが良いです。

キャッシングを希望するときに、消費者金融を選ぶ多くの人の理由は、審査が緩いことを挙げることになりますが、審査と融資のスピードが速いことを理由に挙げる人も多いです。収入証明書が手元になければ、本人確認なしの審査を受けることができませんので、書類の用意は必然的になります。この用意が遅れてしまうと審査と融資の実行スピードが損なわれることもあります。

急いで融資を実行したい人などは、不向きな審査になるでしょう。多くの人が本人確認なしの貸金業者を選びたがる理由として職場に電話を掛けてほしくないと言った理由を挙げます。そのような理由で、申し込みをする人が職場に電話を掛けない別の方法で審査を受けたがる人も多くなっています。基本職場に電話を掛けてきますので、それが嫌な場合は相談をするようにしてください。本人確認なしは不可能ですが、代案を出してくれるでしょう。

アイフルは会社への電話連絡不要でキャッシングが可能

給料日前の飲み会や趣味や旅行の出費、また手持ちのお金だけでは給料日まで生活が苦しいという場面は誰しも経験するものですし当然のことだともいえます。
大手の消費者金融でもあるアイフルに申し込んでおけば、審査も速くて即日でお金を受け取ることができるのでこのようなお金のピンチから脱出することができます。
しかし初めて利用する方にとって最も心配なのが会社への本人確認の電話の有無でしょう。
職場に確認の連絡がある思うと申し込みづらいという人もいますし、自分の評価が下がったり会社で噂されるのではないかと不安に感じている人もいます。
本人確認は申込者が申告した会社に本当に勤務しているのか確認するためのものであり、本人が嘘の申告をしていないか、また返済能力があるかどうかをみています。
アイフルに限らず本人確認の電話は他の消費者金融や銀行でも義務付けられていることから、基本的に本人確認なしでキャッシングを利用することは不可能となっています。
しかし、個人名を名乗るので社名で電話がかかってくることはありませんし、本人が不在であっても在籍していることが確認できれば何度も電話がかかってくることもないので安心して良いでしょう。
どうしても会社への電話確認なしでキャッシングを利用したいのであれば、会社に所属しているということがわかる書類を送付することで電話確認なしでキャッシングを利用することが可能です。
社員証や源泉徴収票など会社に勤めていることが証明できる書類を提出できれば、その会社に在籍していることがわかるので会社に電話がかかってくることはありません。本人確認なしでは利用ができませんが、確実に会社に知られることなくキャッシングを利用したいのであれば、担当者の方に伝えておくと良いでしょう。

電話での確認なしでノーローンでキャッシングする方法

本人確認というものは、どの貸金業者も必ず行ってきます。まず最初の本人確認は、申込書の記入欄にある名前の本人が申し込んだことを確認することになります。そのあとで、多くの方が嫌う勤め先への在籍確認を行います。本人確認なしの審査を希望する人の多くは、この在籍確認を望んでおります。

なぜ電話で在籍確認を行わない貸金業者を選びたがる人が多いのかというと、職場にキャッシングの申し込みをした事実がバレる可能性があるからです。貸金業者も個人名で電話を掛けますが、この方法があまりよくありません。会社に個人名で掛けてくるケースというのは、そんなに多いことではなく、またそのようなケースは借金の申し込みであると認知されていることから、バレるという噂が広まっています。

貸金業者の方も会社名の偽名を使って電話を掛ければ良いのですが、それは違法であり倫理観に欠ける行為になりますので、個人名で電話を掛けることになります。キャッシングでローンを利用したいけれど、在籍確認があるから嫌だという人も多いです。しかし本人確認なしでは出来ませんが、電話で在籍確認を行わない別の方法で、在籍確認を行う方法もあります。

それは給与明細や納税証明書の提出をする方法になります。基本貸金業者は在籍確認は電話で行いますので、自ら職場に電話をしてほしくないので、書類で行ってほしいことを伝えるようにしましょう。消費者金融でキャッシングするたびに毎回1週間無利息期間があるお得なノーローンもそのような申し込み者の事情を踏まえて、書類で在籍確認を行ってくれる可能性があります。当然こちらの方から申し出る必要がありますので、相談してみてください。

アコムで勤め先に確認連絡なしでキャッシングする方法

どのような貸金業者でも必ず勤め先に本人確認を行い、アコムも行っています。しかし本人確認なしの貸金業者でキャッシングしたいと希望する人も多いです。この理由としては勤め先に本人確認の電話が来ることを嫌がる人が多いからであり、この在籍確認を嫌がることで貸金業者からキャッシングしたくないという人もいるくらいです。しかし本人確認なしでは審査は出来ません。なので、勤め先への電話確認なしで書類等で審査を受けることができるケースがあります。

まず本人確認を他の方法でしてほしいと懇願してください。どうしても勤め先に連絡して貰うと困る理由を述べると良いでしょう。同僚に借金の申し込みをしたことがバレたくないというのは少し難しいですので、違う理由を述べましょう。まず在籍確認を行っても、会社の方針から取り次いでもらえない、また在籍の確認も行っていないという理由も良いです。最近は個人情報の観点からそのような方針の会社も多くなっていますので、他の方法で確認を行ってくれるでしょう。多いのは収入を証明する書類を提出する必要があります。

勤め先への電話連絡なしの方法を選んだとしても、確認できる書類を求められますので、単純に同僚の発覚が怖いから違う方法で勤め先の確認をしたいというのは手間が掛かります。素直に職場に電話があった方がスムーズに審査をすることもでき、そして融資も早いです。基本勤め先への確認を行うというケースは、審査も大詰めの段階に入ったことを意味しており、本人確認さえ取れれば融資が実行されることを意味しています。本人確認なしでは審査は通らないので、そのような段階で職場に連絡してほしくないから、他の方法で確認してほしいというのは少し面倒になるでしょう。

プロミスは職場に知られずにキャッシングすることが可能

消費者金融のプロミスは、電話での在籍確認に対して要望がある場合、相談にのってくれるカードローンになります。プロミスを利用した人の多くので、あまり不安を抱えずに審査を受けて融資を実行されたという報告が多いのが特徴です。職場への電話はとても不安ですが、事前に相談できるため安心して審査が受けられます。職場への電話確認が不安な方は、プロミスに申込後、すぐに相談しましょう。しかし返済が遅延し、自宅や携帯電話に連絡がとれない場合、職場に電話を掛けることもあります。返済期日に支払ができないようであれば、事前に連絡をしておきましょう。

なぜ多くの人が職場への電話連絡に不安を抱くのかというと、職場に借金をしたことが発覚するのを恐れているからです。しかし実際発覚したというケースは非常に少なく、申し込みした本人がうまくかわすことができれば発覚することはありません。貸金業者の名前を語らずに個人名で電話を掛けてきますが、このケースが貸金業者からの電話であるというテンプレートになっていますので、疑われることになります。本人確認なしで利用は不可能ですし、多くの場合は心配だったで終わることが多いですので、そこまで恐れないようにしましょう。

しかしそれでも電話による本人確認とは別の方法で審査を受けたいと言った場合は、プロミスに申込後すぐに相談をしましょう。基本貸金業者の在籍確認は勤め先に電話を掛けますので、まず申し込みをしたときに要望がある場合は、どういう対応をしてほしいのかをしっかり伝えましょう。申し込みした人の希望にそうように貸金業者もなるべく対応してくれるケースが多いですので、相談することをおすすめします。

キャッシングを契約する際職場にバレない会社について

急な出費や、大きな買い物をする時に便利なキャッシング。以前はキャッシングといえば消費者金融のイメージが強かったですが、今では、銀行や信販会社等、消費者金融以外でもいろいろな商品を取り扱っており、専用のカードを使えば、コンビニATMなどのも利用出来、与信枠内で自由に使用出来ますし、非常に便利です。キャッシング専用カードを持っておけば、急な出費に備える事もできますし、銀行では、ローンカードを契約する事でキャッシュカードも含めATM手数料無料やローン金利が下がったりと色々と特典を受ける事も出来ます。
ローン専用カードに限らず、住宅ローンや自動車ローンなどもそうですが、金融契約には本人確認が必要となります。本人確認とは仮審査の後、職場に電話し、在籍を確認する事です。仮審査で記載された内容に虚偽が無いかを確認する為です。勤務先が虚偽であった場合は仮審査が可決であった場合でも、否決となってしまいます。本人確認で職場にキャッシングがバレないか心配といった声が良く聞かれます。基本的には、職場に電話をする際は会社名か個人名かどちらかで電話する様指定できますので、バレる事は少ないです。ただし、普段電話があまりかかってこない職に就かれている方の場合、個人名の電話であっても怪しまれる可能性がありますので、電話連絡なしを望まれる方は多いのです。前述の通り本人確認は金融契約の基本ですので大体の場合は在るのが普通です。本人確認なしでは通りません。ただし、中には職場への電話連絡なしで契約できるカードローンはあります。銀行系の契約の場合、職場への電話連絡なしで契約する事は難しいようです。主に職場への電話連絡なしでキャッシング契約ができるのは消費者金融会社となります。本人確認なしは不可能ですが、書類等で審査を進めてくれるのは消費者金融会社すべてではなく、一部の会社のみであり、契約前にホームページや、電話をする等して確認する必要があります。

電話連絡なしのキャッシングなら勤務先にバレないのでおすすめ

基本的にキャッシングに申し込みをするとどこの貸金業者でも審査が行われます。
その審査の一環で「申し込みをした人が本当に勤務先に在籍しているか」を確認するために貸金業者は電話で勤務先に確認を行います。
どこの貸金業者でも本人確認は行われるため、避けて通ることはできません。本人確認なしでは利用はできません。
しかし「普段自分宛ての電話はないから電話をされるとバレてしまうのでは」という心配から本人確認をしてほしくない人もいると思います。
法律で第3者に貸金業者に申し込みをしたことをバラしてはいけないと規定されているため、基本的に貸金業者は本人確認で最初は必ず担当者の名前で電話をしてきますのでバレる心配はほとんどありません。
それでもやはり電話をしてほしくない場合、本人確認なしは出来ませんが、実は一部の消費者金融では電話連絡なしにするための手段がいくつか用意されているようです。
例えば本来ならキャッシングに申し込みをした時に提出する書類は身分証明書だけでよい所を、数か月分の給与明細など収入が証明できる書類をいくつか提出する方法があります。
また貸金業者が指定する銀行口座を保有していたり、数万円程度の少額の融資であれば最初から電話での確認連絡なしの所もあるようで、このような所を利用すれば勤務先にバレないでしょう。
ただし会社への確認連絡なしにするためには申し込みの時に必ず「会社への電話連絡なし」ということを伝えなければなりません。本人確認なしでは利用は不可能ですので、電話以外で本人確認を希望することをしっかり伝えましょう。
また会社への電話連絡なしにすると審査に時間がかかる可能性もありますので、急いでお金が必要な人は事前に確認して他の手段も検討しなければなりません。
貸金業者毎に本人確認の詳細や、電話での確認の代替手段があるかどうかをインターネットで一覧にしたサイトがありますので気になる人は一度調べてみてください。